ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ちょっと成長しました



ラーフィングの散歩コースは2つあります。一つはパピーの頃から通った河川敷のグランドです。ノーリードで遊ばせてはいけないというきまりはありませんが、そばの道路は車の通行量が多く野球やサッカーをしている子供たちもいて、リードは外すことができません。パピーの頃からラーフィングはリードで繋がれている犬には積極的に誘いをかけて遊ぼうとしました。繋がれているので安心できるのか、相手が吠えさえしなければすぐに親しくなり、追っかけっこして遊ぶような犬でした。

もう一つのコースは11月から通い始めた多摩川の上流の公園です。ここでは犬を放さないことがきまりになっていますが、ほとんどの犬はノーリードで走りまわっています。初めて来た日、ラーフィングの新しい匂いに先住犬達が警戒して集まってきて、吠えられ威嚇されました。数頭に公園の端まで追われて、怖くて震えて散歩どころではなくその日はそのまま帰宅しました。

次の日もその次の日も何頭かにまとわりつかれて、公園の隅まで逃げてじっとしていました。散歩から帰ってきてもしょんぼりしたままでした。散歩に連れ出そうとするとヒンヒン鳴いて嫌がっているみたいでした。ノーリードの犬達とも社交的になれることが目的でこの公園に通ったのですが、怖がっていつも隅でぽつんとしているのがかわいそうになりました。ここではこのままずっと慣れないままかもしれないかな、河川敷のグランドに戻そうかと思いました。それでも一週間続けてみました。

一週間ほど経ったころ、少し状況が変わってきました。他の犬達は警戒しなくなり、ラーフィングは公園の端から、犬達の輪に入って行きました。他の犬とちょっと走って、様子をうかがって、また走って輪の一番外まで出て、と少し遊べるようになりました。わずかに慣れてきた感じがしました。このままの状態が何日か続きました。以前より犬達と走っている時間が長くなり、ぽつんとしていることが少なくなりました。それから毎日通いました。そしてラーフィングはこの公園では何にも遠慮しない犬に変わってきました。ひと月前には公園の端で震えていた姿が想像できないくらい、追いつ追われつ他の犬達と上手く遊んでいます。ただよその水入れを遠慮なく使い、他の飼い主さんに貼りついておやつをせびり、舞い上がっているときは飼い主に呼ばれてもぜんぜん帰って来ません。帰りには名残惜しいのか座り込んでしまいます。

今なら他のランでも変わらず遊べるでしょうか。この公園に限ってのことでしょうか。応用がきく社会化なのかまだわかりませんが、別の場所でも生かせられたら嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

スポンサーサイト

| 未分類 | 18:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

耳のけがその後



先日の寒冷凝集素症の件では多くのお見舞いのコメントをいただき、ありがとうございました。ご心配をおかけしました。

塗り薬と内服薬に、耳マッサージ、体の保温と手を尽くし、今はすっかり出血は治まりました。かさぶたが自然にとれてそこだけまだ毛はありませんが、下の皮膚が再生して落ちついています。とは言え、これからが本格的な冬になるので気を抜かずにマッサージなどで体調を整えてやるつもりです。

内服薬は獣医さんの指示で、少しずつ回数を減らして先週終了しました。ステロイドの長期服用は副作用がありよくないようです。化膿の心配もなくなりましたので、抗生物質もおしまいです。

耳はだいたいいつも冷たいです。耳の内側には血管がよく見えます。うすい耳に思いのほか太い血管が耳の先まできています。耳のマッサージは馬油を使って、抵抗されないようにラーフィングが眠い時に念入りに続けています。親指と人指し指に油を付け、軽くこするように耳元から耳先に30秒ほどマッサージしています。

耳の保温と耳先の保護するため、耳をカバーする方法を試行錯誤しました。初めは古くなったトレーナーの袖を切ってかぶせていましたが、きつくて顔を締め上げてしまいます。帽子も試しましたが、頭の形から固定することができません。

スヌードをネットで購入してみました。スヌードは耳が大きくて下がっている犬が、餌を食べるときに汚れないようにするためのマフラーです。トレーナーに比べて、耳のところがきつく締まらないので優れています。りんごまるさんから教わったユニクロの靴下をちょん切ってかぶせるというのも、きつ過ぎず、ずれにくくて快適です。代々木のgrindogさんの長首のフリースは耳もカバーできて、ストレッチタイプでぴったりして保温力が高そうです。

今のところスヌードをかぶせた上にフード付きの服を着せて、二重にするのが一番ずれにくいようです。ただ、ラーフィングは顔のまわりにくっついているものが気になって、地面にこすりつけて外してしまいます。直してやって、外されて、直してと散歩の間は何度も付け直します。

編み物でちょちょいと、イタグレ専用スヌードみたいなものを作ってやれたらいいだろうなと思います。でも飼い主の場合はまずミシンを買うところから始めなくてはなりません。ここに来られる洋服を作ってしまうような器用な方が、つくづく羨ましいです。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 20:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来年もしたいことたくさん



ラーフィングも9カ月になりました。色々な経験をさせたいと考えています。近くのホームセンターでカートデビューし、続いてドッグランにも行きました。長距離ドライブは伊豆までチャレンジしました。一泊なら犬と泊まれるペンションのように設備が整っていれば、なんとかこなせることがわかりました。

伊東のビスキーハウスに行く途中、「ペットもご一緒できます」という看板のあるドライブインを何軒か見かけました。ペットと旅行している人達が多いのでしょう。うちは店内でじっと座らせておく躾がまだできていないので、今回の旅行のランチは東名のサービスエリアで、売店のテイクアウトを車中でとりました。大人しく待っていられるくらいにラーフィングが落ち着いたら、こんなドライブインを利用してみたいです。神代植物園あたりのお蕎麦屋さんでは、テラスはペットOKになっている所が多いのでまずそこから挑戦してみます。

犬を飼って初めて動物病院にお世話になり、ペットショップやドッグランに通いイベントに参加したりと行動範囲が広がりました。オフの過ごし方が劇的に変わった一年でした。ブログを通して今まで存在すら知らなかった方々との交流もでき、散歩をすることで近所の路地にも詳しくなりました。

家のすぐ近くの多摩川の河川敷もベランダから眺めるだけでなく、散歩をすることでいろんな時間で刻々と変化する空の色や景色、草の匂い、さわやかな風を肌で感じ自然のありがたさを体感しています。ラーフィングに経験させてみたいと思ってやっていることで、飼い主も色々な経験をしています。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 22:27 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アワビの踊り焼き



ペットと泊まれるペンションに11月の終わりに行ってきました。以前ゆっきいさんのブログで読んだビスキーハウスに、ラーフィングのトイレが落ち着いたら行こうと思っていました。

東名の渋滞で伊東まで3時間もかかってしまいましたが、長いドライブもバリケンの中でぐっすりと眠っていて、予想していたほどの手はかかりませんでした。むしろ、車の揺れで安眠できるようでした。よく見かける窓から犬の顔をちょっと出してやることになれば、こっちが寒いかなと思っていましたが、ラーフィングは車の中ではバリケンの外には出たがりません。

135号線を一碧湖へ折れ、狭い坂道を登りビスキーハウスにたどり着きました。この日はミニシュナウザーがたくさん来ていて賑やかでした。ペンションのオーナーさんもミニシュナウザーを2匹飼っていて、コンテストで良い成績を収めているそうです。

到着して少し宅内ランで遊ばせた後食事になりました。さてラーフィングをどうするか。当初はペンションのレストランに連れて行って座らせておく予定でしたが、シュナウザー達に囲まれるとじっとしていられなくて暴れだしてしまいそうなので、部屋で留守番をさせることにしました。客室はサークル付きでしたが、屋根がないので50cmくらいの高さでは、ラーフィングは乗り越えてしまいます。バリケンに入れるしかないかなと思っていたところ、オーナーさんが屋根を貸してくれました。ネット型でサークルの四隅に取り付ける天井タイプのものです。お陰で安心して食事に出かけることができました。

レストランではシュナウザーがせい揃いしていました。テーブルについて人用のイスにずっと大人しく座っていて感心しました。ひと声もたてません。いつかラーフィングも、と期待します。ディナーは伊豆の幸プランで、イセエビのお造りとアワビの踊り焼でした。新鮮そのもので本当にアワビは踊っていました。絶妙の味加減で旨くて見た目も素敵で大満足でした。その日がちょうど誕生日のシュナウザーがいたので、ラーフィングにもバースデイケーキのおすそわけがありました。クリームチーズの牛肉かざりでした。ケーキをお土産に急いで部屋に帰ると、尻尾を振っての大歓迎で匂いが漂ったのか普段吠えないラーフィングが、珍しくわんわん攻撃でした。一飲みでしたが食べっぷりからかなり美味しかったようです。

ラーフィング 9ヶ月
首まわり24cm
胸囲45cm
首の付け根から尾の付け根まで40cm
体高40cm
体重5.6kg

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 06:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒くなったら注意します

10月の初め頃、朝の散歩から帰ったとき飼い主の袖に血がついていました。やぶで手のひらでも切ったかなと思ったものの特に傷も見つからず、たいしたことないかと注意はしませんでした。同じ日の夕方の散歩の後、またも服にも血がついていました。もしやラーフィングかと思い、体中を調べましたが傷らしいものはありませんでした。

翌日、サークルの床や壁に小さな血痕がたくさん付着していました。もう一度ラーフィングを念入りに調べてみました。耳でした。耳の先にゴマ粒くらいのかさぶたがいくつかできていました。やっと出所がわかりました。散歩のとき他の犬とじゃれあって、たまたま歯でも当たったのかと推測しました。

不妊治療の説明のついでに府中のT病院で薬を貰い塗り始めました。それからいつの間にか出血もなくなり、治ったみたいでしたのでしばらく忘れていました。

しかし今朝の散歩の途中にラーフィングの顔の右半分が、血だらけで首まで赤くなっていました。本人はいたって元気で散歩をしたがっていましたが、飼い主の方がたじろいでしまうほどの形相です。とにかく家に戻ることにしました。



ラーフィングはよく体をぶるぶるっと回します。このときに頭も回るので、長い耳の先を顔に叩きつけてしまいます。傷口自体は5mmくらいですが、耳の先が当たったところは血で染まって大けがをしているように見えます。ぶるぶるをやる度に飼い主の服や壁に血しぶきが飛んできます。前回より出血が多いので急いでT病院に駆け込みました。

こびりついた血をきれいにふき取ってもらいました。寒冷凝集素症だそうです。この病気は薄っぺらで毛の少ない耳の犬がかかります。寒くなって耳が冷たくなり血行が悪くなる、しもやけのようなものです。

kaga02.jpg

耳をぶるぶるさせないようにガードしてマッサージで暖め、ガサガサにならないように血行を良くしてやるように指導されました。それから抗生物質とステロイド剤を1日2錠、ビタミンEを1日1錠ずつ飲ませて、皮膚外用剤を患部に塗ります。T病院ではイタグレの扱いが少ないせいか珍しいケースらしいですが、ブログを覗けばイタグレにはよく発生するようです。耳のガードにはスヌードというものがありました。長耳の犬用で食事のときに耳を汚さないようにする耳カバーです。耳の乾燥には馬油が効果的だそうです。この状態でしばらく様子見です。

mimi01.jpg

ところで犬のぶるぶるには順番があるみたいですね。頭のぐるぐるっで始まって、胴のぶるぶるから腰のカクカクになって、尻尾のひゅるひゅるピシュンで終わります。緊張をほぐしたり伸びをするためだそうですが、面白い癖です。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 14:10 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |