ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はっきり違う性格

20110227.jpg

ドッグランで会う友達のイタグレは、会うたびに元気に走り回っています。いつも元気ですねと、飼い主さんに声をかけると、「家ではいるかいないかわからないくらい静かです。ラーフィングちゃんもでしょう?」と疑いなく聞かれました。うちではもっと暴れて吠えてとてもうるさいです。

家と外での様子が違うというのも、どの犬にもあてはまることなのですね。そしてさらに話は家での過ごし方に発展し、犬はどういうものに拘るかという話題になりました。ラーフィングもパピーの頃からティッシュが好きで、いつも見えないところに隠しています。

一緒に暮らしているからか、スマイルも同じくティッシュに固執します。ほかには、スリッパ、靴下、ドアストッパーが2頭ともお気に入りで、隠していてもどうやってか集めてきます。犬はみんなこういうものが好きなのでしょうか?

寝床はケージを2つに仕切って使っています。寝ているときは、お互いを見れないはずなのに同じポーズをとってシンクロしています。あっさりして執着心のなく臆病なラーフィングに、愛想があってしつこくて元気なスマイルと、2頭ははっきり性格が違いますが、似てくるのでしょうか。

ラーフィング5.7kg
スマイル(6か月)4.3kg
         首 23cm
         胴 41cm
         背中33cm

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

スポンサーサイト

| 未分類 | 17:57 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフィングとスマイルの不思議な関係



ラーフィングはあっさりした性格で、ボールやおもちゃなど新しいものに飛びついて執着しますが、すぐに飽きてあとは見向きもしません。ランでは臆病ものでじっと隅っこに固まっています。スマイルは明るく人懐っこい性格で、人にも愛想を振りまくので可愛がられます。パピーなので恐れを知らないのか、近所の広場やランで初めて会う犬とも臆することなくよく遊びます。そんなわけで、ラーフィングがスマイルを通してほかの犬たちと遊べるんじゃないかと、とても期待していました。姉妹仲が良くて一緒に駆けたりおもちゃの取り合いをしたり、2頭で寄り添うように寝たりする微笑ましい情景を描いていました。

ところが家の中では大変です。広場やランでは全然からまない2頭ですが、部屋では激しく暴れて、怪我しないかと目が離せません。スマイルが来た頃はラーフィングがしかけていた時期がありましたが、今はスマイルが飛びかかります。ラーフィングがおもちゃを噛んでいると、スマイルはすかさず奪いに行きます。スマイルはおもちゃを引っ張るのではなく、ラーフィングのあごや首に噛みついてひるんだすきに奪うのです。しばらくすると、おもちゃなどどうでもよくなって2頭でガウガウが始まります。

そのうちにラーフィングがしつこいスマイルの噛みつきから逃げだします。止めたり引き離したりを繰り返してもスマイルは食い下がります。作戦を変えて、疲れ果ててやめるまでさせてみたり、興奮させないように落ち着かせて座らせる訓練もやってみましたが、効果は得られません。

でも、相性が良くないと思っていたらそうでもなく、ゲージに手を挟んでスマイルが悲鳴をあげたときには、ラーフィングはすぐに駈けつけ心配そうに舐めてやっています。ラーフィングが食事をしているときに、スマイルが割り込んで横取りしても一緒に食べます。

ラーフィングに対してスマイルは優位に出て調子にのっていると見ていましたが、そうばかりではないようです。スマイルはと散歩のときにはラーフィングがそばにいないと安心しません。体をこすりつけて、くっつこうとします。車の音に驚いた時にはさっとラーフィングの後ろに隠れます。案外頼りにしているようです。この2頭の関係はどうなっているのかわかりにくいのですが、仲良くしてほしいです。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 08:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒冷凝集素症っていう難しい病気

cyclosporine01.jpg

ラーフィングの寒冷凝集素症がよくなりません。先月処方された薬は炎症を早急に和らげ、細胞を復活させるステロイドのプレドニゾロンと、血行をよくするビタミンEのユベラ、抗生物質のバクシダールです。これらを服用しながら、適宜ゲンタマイシンという軟膏をつけて殺菌して化膿を防ぎ、乾燥を防ぐために馬油でマッサージしていました。

服用していた5日間は症状もでず治ったかなと思っていたのですが、今週になってカサブタができて、とれて出血して、またカサブタができてを繰り返しています。

カサブタのサイズが大きくなるにつれて、飛び散る血も多くなってきました。ラーフィングは自己免疫疾患です。もともと備わっている免疫が過剰に働いてしまうので、そこを抑えてやらなければなりません。

シクロスポリンという免疫を抑制する薬の評判がいいと耳にしたのでT病院に尋ねると、これを主成分とするサンディミュン内服液がストックされていました。 

シクロスポリンは、リウマチのような自己免疫疾患にもよく使われています。毎日服用してそれを何年間も続ければ、免疫を抑える薬なので将来的にはなんらかの病気にかかる可能性もありますが、そういう長期に渡る服用法ではなければ、副作用を心配することはないそうです。

1日1回、0.2ccをシリンジで服用させます。0.2ccは初めての薬ということで、犬に服用させる量の下限です。1週間試してみてどういう反応を示すかということになりました。1週間経過後、止めるか少し続けるかを判断します。

ただ、この薬で効果があったとしても、これまでの経過を見ると完全に治ることは難しく、症状がでる寒い時期だけでもこの薬を使って、悪化させないようにして、この病気とつき合っていくことになりそうです。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 18:36 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

耳が欠けちゃうのですか

mimi03.jpg

室内でワンズを遊ばせているとき、ボールのおもちゃに血のようなものがついていました。スマイルの乳歯が抜けている時期なので気に留めないでいたのですが、よく見ると床や壁のクロスにも点々とついています。もしやと思いラーフィングの耳を確認しました。先端にかさぶたができて、出血しています。やっぱり。この冬は何事もなく年を越せたので安心していたのですが、去年と同じ症状がでてしまいました。今年は左耳です。

寒冷凝集素症だそうです。検索すると、めんどくさい名前の割には珍しくなく、タレ耳のワンに多い病気です。耳の先の血行が悪くなり、組織が壊死して出血します。そのあとかさぶたができるのですが、このかさぶたはすぐとれて、また出血してしまいます。いつものT病院で、軟膏と抗生物質と血行をよくするユベラを処方してもらいました。進行を防ぐには耳の血行をよくしてやる方法がいいみたいです。冷えないように温めてやって、乾燥しないように保湿してやることが大切だそうです。

寒冷凝集素症は免疫の異常なので、免疫を抑えてやると治るみたいです。以前は副作用が出やすいステロイド剤が使われていたのですが、最近は免疫抑制剤のシクロスポリンがよく効くそうです。アトピー性皮膚炎で使われる薬です。再発したら相談してみようと思います。

この病気、スマイルは罹らないでおくれよ。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 19:10 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。