ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再検査の結果…

20110929_02.jpg

しばらくして診察室に呼ばれました。再検査の結果もAST、ALTとも高い数値をつけていました。

「勝手で申し訳ないのですが、超音波で肝臓の中を見せていただきました。それを見る限りでは肝臓にでき物があるとか、肝臓そのものが正常と比べておかしな映り方をしていることはありませんでした。ただ、この状態ではっきりした確定診断をつけようとすると、開いて肝臓の組織を取り出して、しかるべき病理センターでみてもらうしかないのです。しかし現時点で体調も問題なく元気に過ごしているので、数値が高いとはいえ、このくらいで試験開腹するのは乱暴である気がします」

次にASTとALTの説明をしていただきました。「ASTとALTは肝臓を作っている細胞の中にある酵素で、本来、肝臓の中にある酵素が、血液中に流れ出している状況です。何らかの結果としてこの細胞がこわされて、ASTとALTが放出されていると考えられます。特にALTの酵素は肝細胞にばかり存在しますので、ALTの数値がこれだけ高いということは、何らかの原因でこの細胞がダメージを受けていると考えて間違いないと思います」

しかし血液検査でわかるのはここまでで、この原因をつきとめることはできないそうです。

「一過性の肝炎を起こしたとしても、肝臓がんであったとしてもこういうことは起こります。そういう厳密な区別をつけるには組織検査しかありません。ですが臓器ですので簡単に組織を取りましょうと言うわけにはいきません」

「現状は今のところ症状として問題がなく、超音波でも異常が見られることではないので、こういう場合は強肝剤という肝臓の保護剤を飲ませて、この数値が下がってくるのかを見て、一過性のものか、または重いものが隠れているのかを判断するという方法をとることになります。ただ、1~2週間で下がってくるものではありませんので、ひと月を目安に飲んでもらうことになります」

一般的に強肝剤というのは強い薬ではないのですが、吐いたりお腹を下したりする子もいるそうなので、今回は1週間飲んでみて、問題がなければ続いて3週間飲むことになりました。

ALTは生後2か月の検査でも基準値より高かったのですが、そういうパピーも多いと片付けられたので、今回の検査では標準値に収まっていることを期待していたのですが。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

スポンサーサイト

| 未分類 | 21:49 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマイルの血液検査で

20110929_01.jpg

スマイルにまた災難です。1歳記念の血液検査で異常が見つかりました。ASTとALTが基準を超えているのです。ASTは人でいえばGOTでALTはGPTです。ASTが62でALTは190です。

ASTは肝臓、腎臓、心筋などに多く存在して、これら臓器の細胞に異変が起こると血液中のAST量が増加します。そのため、肝臓障害、心筋梗塞などの判断に使われます。ALTはとくに肝細胞の壊死に反応するので肝臓系の病気の診断に有効です。

ALTは参考値と比べると3倍以上のスコアなので、どのくらい緊急性があるのか尋ねました。

「黄疸がでてくるくらいに肝機能が低下していると300~400を付けてしまいます。190は高いのに変わりはありませんが、驚くような値ではありません」そこまで数値が上がると外的に症状がでるのですかと伺いました。

「黄疸が出てくるようになると、眼球の白目や耳の内側が黄色くなってきます。そういう状態になると明らかに元気がなくなってきます」

「ただ、これがスマイルちゃんの正常値という考え方もできます。ここに書かれている標準値はあくまでも参考値ですので、必ずこの中に収まらなくてはならないということはありません。もともと高い数値を維持している子もいます。病的な素因が隠れていれば治療が必要なのですが、体調も以前と変わりなく元気なわけですから、よろしければこれから再検査してみてはいかがでしょう」

無論飼い主は了解しました。そして長い待ち時間にこれを打っています。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 19:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマイルの夜明け鳴き

20110923.jpg

朝早くからクンクン鳴くスマイルにすっかりまいっています。しばらく放っておくと大音量になるのがわかっているので、近所迷惑なのでケージを見に行きます。すると近頃では、スマイルだけではなく、ラーフィングが「スマイルより先にかまって」と嫉妬に燃えて吠えます。こっちは吠えるのでさらに困ります。

とりあえず、2匹をだっこして落ち着かせていると、おまけのようにインコのぴー吉が鳴きはじめます。こちらは犬に比べたらうるさくないですが、布をかけた籠の中から存在をアピールするように、布を上げてやるまで鳴き続けます。

スマイルが鳴かなければ、ラーフィングも吠えず、鳥も鳴かず、飼い主ももう少しだけ朝寝坊ができるのです。何故スマイルはこんなに早朝から鳴くようになってしまったのか。ケージから出してやると鳴きやむので、早朝から遊びたいのか。抱き上げてやると落ち着くので、人恋しいのか。朝ごはんを食べるとすぐ寝てしまうので、空腹なだけなのか。

前日に十分走らせて、疲れてよく眠らせると朝も起きないかと思いましたが、若いスマイルはすぐに回復して毎朝うるさいです。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 07:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レントゲンの結果

20110915_06.jpg

レントゲンでは異常は確認できませんでした。固定して撮影されるのですが、暴れて足先まで撮れなかったのですが、そこは押さえても痛がらないので、除外されました。これを見る限りでは股関節、膝の関節、足首の関節、骨そのものを含む骨格上の問題は見つけられないということでした。

「この写真で説明しますと、赤く示している丸い部分、これが大腿骨頭で、レッグペルテスはここに血が通わなくなり、どんどん壊死してきます。丸い形がすり減って崩れて平らになってきます。先天性であろうと言われていますが、原因はよくわかっていません。放置すると跛行(はこう)が残ります。治療法としては手術で大腿骨頭を取ってしまうことになります」

「手術をすると走れるようになるのですか」と念のために尋ねました。

「手術で大腿骨頭を取り除いたあと偽関節が形成され、小型犬では後ろ足にかかる負担が軽いことから、筋肉が回復して元の生活に戻れることが多いです」

「この病気の症状は、かばって着地しなくなり、悪化して痛がって足を引きずるようになるのですが、スマイルちゃんは走ったりすることに問題はないので、今のところレッグペルテスの可能性は低いと思われます。歩き方はこの子の癖なのかもしれません。もうしばらく様子を見ていきましょう」と今日の診断が下されました。

帰宅後、レッグペルテスを検索すると多くヒットしました。初期症状、手術の費用、予後のリハビリなどの体験が克明に記されているサイトもあります。ネットはありがたいです。飼い主もスマイルの変化をできるだけ詳しく記すつもりです。同じ不安を抱えている方のためにも。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 21:19 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマイルのレッグペルテスの可能性

woof001.jpg

スマイルの歩き方は前から気になっていました。ラーフィングのように後ろ足でしっかり地面を蹴るような歩き方ではありません。足をちゃんと曲げずにどたどた歩きます。普通に走ったり止まったりできるので、異常性は感じませんでした。パピーなのでこういうこともあるのかなと、様子見にしていました。でも右後ろ足を踏み込まないような歩き方が1歳になっても変わらないので、病院で診てもらうことにしました。

「歩かせていると、左に比べて地面に着いている時間が短いような歩き方です。ちぐはぐな感じです。上手く言えませんが、右足を滑らせているように見えます。ラーフィングと並んで歩くと違いがわかります。気がついてから半年はたっていると思います」と説明しました。

獣医さんは狭い診察室の中でリードをつけてぐるぐる歩かせたあと、念入りに触診しておっしゃいました。

「飼い主さんの言われている意味はだいたいわかってきました。跛行(はこう)とまではいきませんが、右足が少し跳ねるような歩き方です。それをどこから異常と考えるかですね。レッグペルテスという名前をお聞きになったことはありますか」

「いいえ初耳です」

「大型犬は股関節の形成不全がありますが、小型犬にはレッグペルテスという、骨盤とつながっている大腿骨の一番上、骨頭と呼ばれる部分が無菌的に壊死してしまう、先天的な病気を持つ個体があります」飼い主はメモ取りをはじめました。

「進行性の病気なので、それがもし進行しているならば、知らず知らずの間にスマイルちゃんは、悪いほうの足を使いたがらなくなります。そしてパピーの頃からこの病気になっているとすれば、後ろ足の筋肉のつき方に左右差がでてくることになります。正常な左に比べて、大腿骨の筋肉が薄くなってくることが多くなります。ですが、触診してみましたがそういう感じではありませんでした。歩き方の癖という見方もできますが、ご心配であればレントゲンを撮ってみます」

レントゲンを提案されたので、お願いすることにしました。そして待ち時間にこれを入力しています。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 19:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

取りやめになった旅行

20110908_02.jpg

台風12号により被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。自然災害の怖さを感じたと同時に、事前に予測し前もって対策をとるということは難しいとわかりました。

先週末は、ペロ浜名湖さんを予約していましたが台風で流れてしまいました。当日に東名が通行止めになれば断念するつもりでしたが、前々日に止まっていました。ラーフィングの姪のカプ家と、カプちゃんの兄貴クロスくんとの対面、それから犬のプールという2大イベントをとても楽しみにしていたのですが。

浜名湖行きは中止になったので、カプ家と国立のレストランで食事することにしました。そこでサプライズ!スマイルのためにバースデーケーキを用意して祝って頂きました。ラーフィングとともに大きなケーキにかぶりつき、久しぶりの甘いものに襲いかかるようにむさぼり食べていましたが、幸せそうなスマイルでした。

飼い主もひと口味見をさせてもらいました。カボチャとポテトがほどよい甘みをだして人用としてもかなりおいしかったです。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 19:50 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うちのデンタルケア

IMG2_4163.jpg
volvicさんちのでこぽんと

歯磨きをきちんとしたいと日頃から思っていますが、なかなかうまくいきません。毎日犬を仰向けにしてしっかり時間をかけて隅々までやっている犬の友人もいます。そうです、もちろん犬がお利口なのです。

うちのようにじっとできない犬では、歯ブラシが口の中や顔に当たって危ないので、真剣に歯磨きしようと思うとけっこうたいへんです。ラーフィングは360度歯ブラシで、スマイルは口も歯も小さいので指にはめるガーゼです。近頃は週に2回ブラシ・ガーゼを使って歯磨きをしていますが、ペーストがおやつのようにおいしいらしく、歯磨きのセットアップ音を聞くだけで目を輝かせて喜んでいます。

しかしペーストにしゃぶりつくだけで肝心な歯を十分磨けていない気がします。いったい効果があるのか、やらないよりマシと一応続けています。

歯磨きガムやデンタルおもちゃなど、歯磨きに比べて効果はあまりないといわれていますが、様々な種類があります。うちのようにじっとして歯磨きができない犬が多いということなのか、簡単だからか売れているのでしょう。与えるだけで歯がきれいになるならと、うちでも時々与えますが少し噛んであとはするっと飲んでしまいます。結構高いのになと思ってしまう飼い主です。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 12:36 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。