ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きょうも病院通いです

20111030.jpg

秋になって毎週病院に通います。今回はラーフィングが皮膚炎です。始めは米つぶくらいでしたが、1日でぱっと広がってしまいました。

いつものT病院の院長の見解は「表在性の膿皮症」です。原因はちょっとした擦り傷に菌がはいって、そこに痒みを感じて掻いたり噛んだりして、膿んでしまったみたいです。

ただ、まちがいなく「表在性」とは言いきれなく、イタグレのような筋肉質で皮膚の薄い犬種は、皮膚の上っ面が膿んでいるのか、皮膚の中の真皮にまで膿が届いているのか、よく似た症状なのです。それで、どちらなのかをはっきりさせるには、皮膚を切り取って調べなければわからないのですが、このくらいの範囲の膿ならば、切除するのは乱暴であるそうです。

ということで、まずは表在性の膿皮症としての治療を施すことになりました。

痛みはたぶんないみたいですが、痒いので掻いてしまうのでカラーをお借りすることになりました。治療としては患部を消毒液で拭いて、ステロイドの入った抗生剤を一日数回塗ります。

「ステロイドは菌に疑いのあるときには使わない場合もあるのですが、この犬の症状からすれば、とにかく痒みを抑えてやることが第一と考えます。薬を塗っても掻いてしまうと効果がなくなりますので、そのために弱いステロイドが含まれた薬を使います。ステロイドで消炎作用をさせます」

3~4日で表面が乾いてきて、1週間くらいでうぶ毛が生えてくるようになるらしいです。カラーは不自由な生活ですが4日くらいがまんしてもらえれば、痒みはとれて本人はなめたり掻いたりしなくなるということです。

とにかく4日間はカラー生活です。がまんしてもらいます。先生ありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

スポンサーサイト

| 未分類 | 06:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スマイル3度目の検査

20111021.jpg

スマイルが肝臓の薬を飲み始めてから1か月がたちました。予定通り血液検査に行ってきました。肝臓の治療は長期に渡ると聞いていたので、期待していなかったのですが、嬉しいことにさっそく効果が現れました。

ALTが前回190から124へ(基準値11~69)下がりました。数値は基準値と比べればまだ高いのですが、OKラインへかなり近づいてきました。ASTは前回62から77へ(基準値7~49)上がってしまったのですが、肝臓酵素は上下するもので、基準値から著しく高いわけでもなく、特別な症状も出ていない状態ですので、このまま薬の服用を続けてしばらく様子を見ることになりました。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 19:14 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度こそできるようになりたい

kanon_smile03.jpg
かのんちゃんとスマイル。ゼブラで

ラーフィングとスマイルは基本的にはサークル飼いです。飼い主が在宅のときは出してやることもあるのですが、一日の半分以上は閉じ込められて暮らしています。おしっこやうんちで部屋を汚されたり、家具を破壊されたり、そしてなにより吠えられるととても困るのです。密室性の高いマンションですが、さわやかなこの季節は窓を開け放っている世帯が多いので、吠える声には特に気を遣って暮らしてきました。今までも狭いサークルを不憫に思って、フルタイムフリーにチャレンジしたのですが、放つ→嬉しくて駆け回る→吠える→サークルに戻す、を繰り返してきました。

ちょっと前、いつもは行かない下流の河川敷を散歩してみました。一年ぶりでしたので懐かしいワンばかりでした。長くイタグレを2頭飼っていらっしゃる飼い主さんに久しぶりにお会いしました。驚いたことに3頭飼いにステップアップされていました。

3頭目は8か月ですが、皆オフリードで飼い主さんについて、隊列を乱さないで歩くことができています。飼い主さんは車道がそばにあっても、ほかの犬が構ってきてもヒールウォークで3頭を従えて悠々と歩きます。たかだか8か月なのにと、ちょっとした興奮でした。うちも見習いたい。

ラーフィングとスマイルは閉じ込めて飼育されているので、サークルから放たれると嬉しくて舞い上がります。そしてうるさくするので、捕まってサークルに戻されます。ですので、2頭には「飼い主のそばに寄ると捕まって自由を奪われる」とインプットされて、ランでは飼い主の近くに来ません。呼んでも知らん顔です。これではヒールウォークどころか呼び戻しの訓練にもなりません。

呼んだら飼い主の元に駆け寄るという信頼関係を、いつかは作りたいと思っていました。そこで、ヒールウォークとまではいかなくても、屋外で飼い主について歩けるように、飼い主はまたまた室内フリーにトライアルです。今度こそ成功させたい。でも、吠えてうるさいときどうしようか。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 21:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トイレのしつけ

20111009_01.jpg

部屋でケージから出してスマイルとラーフィングを遊ばせているとき、トイレを2つ出しておきます。ふだんはケージにはいっていることが多いので、自由になると2頭は激しくガウガウを始めます。

遊んで興奮するとトイレが近くなるのか、ラーフィングはすぐにおしっこに戻ってきます。走り回っている勢いでかけこんでくるので、トイレから外れることもありますが、だいたいうまくやってくれます。

スマイルはトイレを使って褒められておやつをもらうラーフィングを見ているはずなのですが、自分からトイレに行きません。しかも、ラーフィングに比べトイレの回数が少なく、トイレのそぶりを見せないので、時間をみてケージに戻すと直ぐにできる時があります。

次に段階を上げて自分からケージに戻れるようにするため、入り口を開けておきますが、そこからなかなか進歩しません。

実家にはよく2頭を連れて行くのですが、いつものトイレを持って行き適当な場所に置きます。ラーフィングが完璧にトイレができるのを見て感動する一方で、スマイルの粗相を片づけることも多々あります。

トイレの覚えはしつけの仕方や性格の違いというよりも、時間がたってラーフィングが成長したからと感じます。やはりスマイルよりお姉さんなのでしょうね。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 11:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。