ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリーダーさんから教わったこと



ブリーダーさんから繁殖のポリシーを伺いました。ここのパピー達は、大変健康で歯のかみ合わせもよく、ヘルニアでもなく、膝蓋骨脱臼もなく、チャンピオン犬の系統ということです。これはブリーダーさんが繁殖の際に大変気をつけているポイントだそうです。ラーフィング家はチャンピオン犬にあまり興味はなかったのですが、ブリーダーさんによるとチャンピオンには健康な犬しかなれないので、チャンピオン犬にこだわって繁殖させるということは、健康状態の良い犬が生まれる確率が高いことから、大切なことですと説明してくれました。

例えば、膝蓋骨脱臼で歩くのが大変になった場合、飼い主も大変だけれど犬にととっても大変辛いことで、鼠径ヘルニアや頭蓋骨の穴が閉じなかったりすると命に関わる事もあるので、健康な系統の犬が多く生まれるように交配させてあげるのがよいとされます。

イタグレが流行り出した頃はフォーンが多かったのですが、次第に変わった色の需要が高まってブルーが増えてきました。イタグレに限らず小型犬には膝蓋骨脱臼の個体が多いですが遺伝性なので、交配の組み合わせを考えなければ高い確率で生まれてしまいます。イタグレの場合はブルーの人気が高まって、やみくもに増やしたため膝蓋骨脱臼のパピーが出回ったそうです。

この病気は成犬になっても影響がでないことも多いのですが、他に遺伝的なものに鼠径ヘルニアがあります。脚の付け根にある鼠径部の隙間から内臓が飛び出してしまう病気です。この隙間に小腸が入ってしまえば腸閉そくになる可能性があり、膀胱や子宮も入り込んでくる場合があって手術が必要となってきます。ペットショップでは表示することが義務付けられていますが、リスクについてよく説明を受けた方がいいようです。

「人と犬の境界線を最初にビシッと示したら、しつけが入るよ」とブリーダーさんはおっしゃいました。ラーフィングを連れてきたらどんなに野放図な犬で、飼い主がしつけに甘いかがばれてしまいます。うちのはここのイタグレとはかけ離れた犬でしょう。
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 18:18 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

かわい~^^
何だかお迎えの日を思い出しました♪

良い血統を・・綺麗なショードッグをとブリードに励みながら、ペットはイタグレの〇沢さんです。
アフターフォローもしっかりしていて、自分の犬として迎えるのが初めてだった私ですが、度々お電話しても丁寧に教えてくれ、安心して育てました。
1歳過ぎた頃遊びに行ったのですが、忙しい中楽しく色んなお話をさせていただき、シゴトに対しての真剣さにあらためて頭が下がりました。

2頭目を迎えるときも必ずココにしようと当時思いました。
今もひそかに・・w

シゴトの時間が不規則で留守番も多いので、最初はとても厳しくしてしまいましたが、もともとの性格が穏やかなのでしょうか、意外とすんなり躾が入りました。
何より、『健康』です。ワクチン以外に病院に行ったことはありません^^

ラーフィングちゃんがやきもちをやかないといいですね^^;
また、記事を楽しみにしていま~す♪

いつかお会いしたいな~。。。



| アロイ | 2010/10/21 20:00 | URL |

オーナーさんは本当に親切に詳しく教えて下さいます。
今日も電話で30分のレクチャーを受けました。
パピーの健康診断から始まって
健康な犬への育て方などなど説明して下さいました。

アロイちゃんは病院と縁がないのですね。
うらやましいです。うちのは去年は毎月病院通いでした
健康に育ってくれることがなによりですね。

| ラーフィングの飼い主 | 2010/10/21 21:31 | URL | ≫ EDIT

犬は鼠径ヘルニヤも遺伝的な病気に入るのですね。人間は違うので、勉強になりました。何にしても健康や親からは健康な子供が生まれやすいとうことはどの生き物も同じなのでしょうね。聞けば聞くほど興味深い話がどんどん出てきそうですね。

何にしても、早く2頭目に会いたいです!

| 母饅頭 | 2010/10/22 01:37 | URL | ≫ EDIT

ペットショップでは膝蓋骨脱臼(パテラ)と表示されている犬は多いですね。うちの近くのショップは3分の1くらいがそうでした。遺伝性とすれば、ブリーディングの基本に問題ありと取れますね。

写真の方が犬舎のオーナーさんで、このちびっこくてかーわいいのがラーフィングちゃんの妹ちゃんですか。

| きまグレ23 | 2010/10/22 11:54 | URL | ≫ EDIT

こんばんは母饅頭さん。
オーナーさんは犬の健康、病気、環境について独学で
学習なさったそうですが、博学な方でした。
病気についてはこちらも突っ込んで尋ねてしまいます。
丁寧に答えてもらえますが、
なぜそこまで知りたいのですかと一笑されました。
ブログのネタにとは言えず、
参考までにとごまかしました。v-15

| ラーフィングの飼い主 | 2010/10/22 19:03 | URL | ≫ EDIT

きまグレ23さんコメントありがとうございます。
犬舎のオーナーさんとうちに迎える予定の♀のフォーンです。
この日はパピーを決める予定は全然なかったのでカメラを持っていませんでした。
ケータイで撮ったのですが、貴重な1枚となりました。
Laughingに関連したネーミング考え中です。

| ラーフィングの飼い主 | 2010/10/22 19:05 | URL | ≫ EDIT

いよいよ現実味を帯びてきましたね♪
家族が増えて、ラーフィングちゃんの成長も楽しみです。

流行で無闇に繁殖する悪質なブリーダーは本当に許せません。
生き物を商品としてペットショップに陳列する方法もいつも疑問がつきまといます・・・。

ワンコにも個性があるから、あま悲観しない方が良いかも、ですよ。
うちもやんちゃ坊主ですが、個性と思うようになりました(笑)。
ただし、公の場で迷惑になると、わんこが迷惑がられて不幸の悪循環ですから、それだけは気を使います(汗)。
幸せに暮らすためにも、ルールを覚えてもらうことは重要ですよね。
四苦八苦しながら、これも笑い話のひとつになるんだろうな~、と思っています。
いかにうまく良い方向に誘導できるか・・・。
永遠のテーマですねえ。

パピーが来たら、お披露目してくださいね♪

| ぴょんこ | 2010/10/24 08:39 | URL | ≫ EDIT

こんばんは、ぴょんこさん閲覧ありがとうございます。
おっしゃる通り売らんかな主義には疑問を感じます。
こういう考えが犬猫たちの投棄につながって、
何万頭もの殺処分をまねいています。
今回の埼玉のイタグレ事件がいい例です。
ペットたちはインテリアではありませんね。
ペットを簡単に投棄できないような厳しい法律を作ってもらいたいです。

| ラーフィングの飼い主 | 2010/10/24 19:27 | URL | ≫ EDIT

こんにちは(*^。^*)
先日はコメントありがとうございました<m(__)m>

ふたり目を考えているんですね^^
ワクワクですね~♪
うちももうひとり柴がほしいんですが、なんせ貸家に住んでる身分。
今のわんこも飼ってから大家さんへ報告して了解を得た状態で^^;
持ち家になったら家族として増やします!(^^)!

| comachi | 2010/10/25 11:58 | URL | ≫ EDIT

Comachiさんようこそお越し下さいました。
ワンゲル係数は高くなるでしょうね。
ラーフィングは散歩で出会う足の速くない犬には飛びかかって行きますので、
パピーが心配です。
優しくすんなり受け入れてくれることはなさそうです。
飼い主の権威を示して2頭目を教育するのですが
ラーフィングの服従心の低さが影響しないようにと戦々恐々です。

Comachiさんの持ち家=多頭飼いになる日をお待ちいたします。

| ラーフィングの飼い主 | 2010/10/25 20:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laughingre.blog42.fc2.com/tb.php/100-199f70f9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。