ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゆうとBそれから

20110609_01.jpg

それからしばらくたったある日、Bが優のことを話してきました。しかしそれはラーフィングの飼い主の気持ちを曇らすような内容でした。優は病気でした。フィラリアにかかっていたのです。

荒い咳から始まって、体重が落ちて、あんなに好きだった散歩を嫌がるようになって、Bに向かって尻尾を振って駆けてくることがなくなりました。病院で診てもらったところフィラリアがわかりました。

病気は進行していました。フィラリアは心臓の機能が充分でなくなり、肝臓・腎臓・肺などの臓器が機能不全を起こすようになります。優は肺でした。心臓から肺に流れる血管が侵されて、血液の通りが悪くなり硬化症を起こしていたそうです。獣医さんの見解は、これらの病気は治療しても元のようには戻らないことが多いということでした。先生、優を助けて。Bのママによると、Bは泣きながら懇願したそうです。

それから咳に血が混じり、優の小屋のまわりには喀血が見られるようになりました。優は痩せて弱っていきました。可愛くてしょうがなかった優。人が好きでたまらなかった優。3歳を迎えられなかった優。

Bは後悔していました。もうちょっと優のために時間を割いて見ていてやれば、フィラリアにかからなかったかもしれない。早期発見できて長生きしたかもしれない。優と距離をとり始めた頃、少しずつ自分から離れていく大好きだった主人のことをもどかしく思ったろう。優といるときは幸せだったけど、優はうちの子になって幸せだったろうか。

ラーフィングとスマイルが元気に飛びまわっている様子を見ていると、ふとBと転がるように走ってくる優を思い出すことがあります。30年も前のことです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 06:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

後半はv-409で読ませていただきました。
同じ愛犬家として衰えていく姿を見るのは辛いですね。
Bさんは若くして淋しい別れを経験したのですか。
せめて優ちゃんがBさんちで暮らせて幸せだったと思いたいです。
犬の十戒を思い出しました。

| きまグレ23 | 2011/06/08 09:30 | URL | ≫ EDIT

犬が人間より先に死ぬ理由は、飼い主の心を成長させるためだ。
、、、と何かで読んだ気がします。

大好きだったBさんが、何かを感じて成長したのであれば、ゆうも幸せなんではないかな?と思いたいです。

| volvic | 2011/06/08 22:51 | URL |

コメントありがとうございます。きまグレ23さん。
当時はフィラリアにかかると、
助からない犬も多かったみたいです。
予防には毎日投薬が必要だったそうです。
蚊が媒介するので、感染犬がいると、どんどん増えて行きます。
愛犬を守ってやるという意識が、
今ほど高くなかった時代です。

| ラーフィングの飼い主 | 2011/06/08 23:00 | URL | ≫ EDIT

こんばんはvolvicさん。
飼い主を成長させたかというと、 おっしゃる通りです。
Bは自分の子供が犬を飼うことを認めたのですが、
どんな場合でも、最後はBが面倒を見る事を想定して許したそうです。
Bは犬を飼うことは重大な責任を負うと優のことで学びました。

| ラーフィングの飼い主 | 2011/06/08 23:26 | URL | ≫ EDIT

前編・後編よませて貰いました。
Bさんの成長に併せて持つ自分の時間と
責任・優への責任。。
そんな狭間のどうにもできなかった切ない
お話しですね。
でも感じたのは、優はBに命とは?
責任とは?
って凄く大切な何かを伝えに舞い降りた、
そんな家族だったんだなぁ~って。。。
30年前の思い出かぁ~。
輝いてたからこそ思いだす。
そんな大切な宝物確かにありますよね。

| KENKEN&LUFFY | 2011/06/09 09:05 | URL | ≫ EDIT

わが身に置き換えました。
うちの子になって幸せだったでしょうか。

そうであったと信じたい。
飼い主のエゴだとは思いますが。
責任は重大ですね。
かわいいだけじゃないですし。
生命の重さは同じですもの。

| ゆっきぃ | 2011/06/09 17:02 | URL | ≫ EDIT

KENKEN&LUFFY さん、ご訪問ありがとうございます。
臨終のあとBのママに聞いた話です。
優のことは辛いけど、優は君の神様だったんだよ。
いつも君のそばにいるその神様が、
君が大人に近づくまで優の体を借りて君のうちへやって来たんだ。
そして君が成長して少し大人になったので、
犬の姿でいる必要がなくなって、神様に戻ったんだよ。
だから神様の優はいつも君と一緒にいるんだよ。
獣医さんはこう話してくれたそうです。

| ラーフィングの飼い主 | 2011/06/09 23:33 | URL | ≫ EDIT


ゆっきぃさん閲覧ありがとうございます。
ラーフィングに幸せかい?と尋ねることがあります。
そういう時はあくびが返ってきます。幸せなのでしょう。
うちよりもっといい環境がほかにあったと考えると寂しくなります。
でも大丈夫、
じゅげむくんはゆっきぃ家で幸せに暮らしましたよ。

| ラーフィングの飼い主 | 2011/06/09 23:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laughingre.blog42.fc2.com/tb.php/133-c75cc9f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT