ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カルシウムの補給



カルシウムは骨や歯を形成します。不足すれば高齢になってスカスカな骨になってしまいます。骨がもろく折れやすくなる病気、骨粗鬆症になる可能性が高くなります。骨粗鬆症に備えて若いうちから丈夫な骨をつくっておかなければなりません。またカルシウムは血管の筋肉細胞を伸縮させ、血液の流れをつかさどります。

うちは主に馬肉を与えています。馬肉にはカルシウムは少なく、15倍のリンが含まれています。カルシウムとリンはどちらかが多いと、少ないほうが阻害されてしまいます。大量に摂取したリンがカルシウムの吸収を抑制してしまいます。カルシウムの摂取量が低いままリンを取り過ぎると、骨密度が減る可能性があるといわれています。リンとのバランスをとるため、骨などの硬組織からカルシウムが溶け出してしまいます。カルシウムは骨を丈夫にするために、積極的に摂取したほうがいいことはよく知られていますが、リンを取り過ぎないことも重要です。

馬肉100g当たりカルシウムは11mgで、リンは170mg含まれています。馬肉だけでは1:15です。これをペットフードの栄養基準AAFCOの奨励値1~2:1に収めなくてはなりません。カルシウムの摂取量は、成犬で体重1kg当たり50mgが1日の標準となっています。ラーフィングを5kgとすると250mgです。

ところでカルシウムはビタミンDが不足していると、うまく取り込むことが出来ません。ビタミンDは食事から摂取したカルシウムを効率よく取り込むことができます。そしてビタミンDは日照によって作られます。日光浴をすることで皮膚で合成することができます。積極的に散歩に出かけるようにしたいです。
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 21:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは~
なるほどなるほど~大変勉強になりました。
カルシウムは取らないといけない。。。
日光浴をしたほうがいい。。。
って分かってても原点をよく知らなかったです。
面倒なので我が家はオールインワンになっている生馬肉にしてますが
他にもいくつか補給出来る方法を考えなければならないと思いました。

ラーフィングちゃんの目から写る飼い主さんの姿が感動的です。
服従の目ですね~、素晴らしいです。

| おぐママ | 2010/03/23 17:52 | URL |

小田急さんこんばんは。
やぎミルクですか!タイムリーです。
ここのところ散歩中に与えているアミノペッツが切れたら、
やぎミルクに変えていこうと思っています。
カルシウムの補給もさることながら、
ラーフィングがひとんちのやぎミルクを奪い取って、
飼い主は恥ずかしい思いをしています。v-12

| ラーフィングの飼い主 | 2010/03/23 18:33 | URL | ≫ EDIT

おぐママさん、コメントありがとうございます。
「犬には散歩」と言われるのを
飼い主も良く理解していませんでした。
調べていくと、なるほどね~という結論です。

この写真は、おやつの煮干しを
ちらちらさせながら撮った1枚です。
服従心は…低い愛犬です。

| ラーフィングの飼い主 | 2010/03/23 18:42 | URL | ≫ EDIT

ラーフィングちゃん、大きくなりましたね。
飼い主さんが、食事に気をつけているからですね。
すくすく、育ちますように。

| ミナミ | 2010/03/26 16:54 | URL |

ミナミさんコメントありがとうございます。
生肉にはカルシウムが少ないので
毎食毎食、カルシウムの不足を気にかけています。

| ラーフィングの飼い主 | 2010/03/28 18:32 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/04/05 21:35 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laughingre.blog42.fc2.com/tb.php/66-86944439

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT