ラーフィングて何イタグレ?スマイルも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すわっ骨折!


獣医さんに足をもにょもにょされるラーフィング

ラーフィングを我が家に迎えてサークル内でぴょんぴょん1時間ほど遊ばせていたときでした。サークルのドアのチェーンがジャリと音を立てた瞬間、ラーフィングの大きな悲鳴が聞こえました。自分の食事を取ろうと2,3分、目を離していた時でした。ラーフィングを見ると右前足を中に浮かせて震えてびっこを引きキャウーと鳴いています。そしてうずくまってしまいました。サークルの桟とドアチェーンの細い隙間に足を突っ込んで、足をひっかけたままひっくり返ったみたいでした。

初日なのにねんざか骨折か。骨折となると1ヶ月のギプス生活を強いられます。イタグレは特に骨折しやすい犬種です。ビギナーに幼犬の介護ができるだろうかと考えながら、コジマペット病院に予約を取り八王子に向かいました。

痛くないかラフィがんばれよ、もうすぐ病院だからな。1時間後、診察室に入る頃には右前足を地につけて少しびっこながらも、歩けるようになっていました。事態は好転しているようでした。「骨折ではないようですよ」獣医さんが言うには骨折すると足が下ろせないそうです。幸いにも診察台の上で歩き回っているラーフィングには当てはまらないようでした。「レントゲンもいらないでしょう。1~2日様子を診てちゃんと歩けないような状態が続けば、また連れてきてください」とのことでした。

こうして八王子間を2往復させられるという引取り当日は暮れていきました。
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ


PET VAITABLE - 発酵野菜フード『フリカケワン』無料サンプルをご提供中!

| 未分類 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://laughingre.blog42.fc2.com/tb.php/8-09b52ff5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT